コートールド美術館展愛知|混雑や駐車場は?チケット料金にグッズも!

こんにちは!
「コートールド美術館展 疑惑の印象派」が現在、東京で開催され、多くの来場者が訪れています!
本展では、2018年秋から行われているギャラリーの改修工事に伴い、普段は貸出しされることのない名作がこぞって来日する貴重な機会となっています。

本展は東京で開催された後は、愛知と神戸で順に開催されます!
今回は「コートールド美術館展 疑惑の印象派」愛知展の混雑状況やグッズ、駐車場や口コミなどをまとめてみたいと思います!

「コートールド美術館展 疑惑の印象派」 愛知展 開催日程は?

コートールド美術館展 愛知展

 

この投稿をInstagramで見る

 

na-na-77(@yoi_tabi_77)がシェアした投稿

開催期間:2020年1月3日(金)~3月15日(日)
時間:10:00~18:00 ※金曜日は20:00まで(入館は閉館30分前まで)
会場:愛知県美術館 (愛知芸術文化センター10階・8階)
住所:愛知県名古屋市東区東桜1-13-2
休館日:月曜日、1月14日(火)、2月25日(火)
※ただし、1月13日(月・祝)、2月24日(月・祝)、3月9日(月)は開室
アクセス:公共機関をご利用の場合
・地下鉄
東山線または名城線「栄」駅下車、徒歩3分
(オアシス21から地下連絡通路または2F連絡橋経由)
・名古屋鉄道
瀬戸線「栄町」下車、徒歩2分
(オアシス21から地下連絡通路または2F連絡橋経由)
:車をご利用の場合
名古屋高速都心環状線「東新町」出口から3分

「コートールド美術館展 疑惑の印象派」 愛知展 駐車場は?

駐車場は「コートールド美術館展」が開催される場所、愛知芸術センターの建物内にある駐車場を
利用できます(有料)。

<アートパーク東海>
利用時間:入庫 7:00~24:00/出庫24時間随時
利用料金:基本/30分毎300円(税込)
     ☆平日(月~金)10:00~18:00までの出庫では、最大料金1200円(税込)があります。     
住所:名古屋市東区東桜1丁目13番2号 愛知芸術文化センター地下3階~地下5階
電話番号:(052)972-0805

平日(月~金)10時~18時までの出庫では、2時間以上の駐車がお得に!
平日 10時~18時 最大1,200円(税込) 

※コートールド美術展をご利用での駐車場割引サービスはないようです。

「コートールド美術館展 疑惑の印象派」 愛知展 料金や前売券/当日券のチケット購入は?

<コートールド美術館展 前売券/当日券の料金と購入方法について>

前売券

一般1,400円、大学生・専門学校生 1,100円、高校生600円、65歳以上 800円

前売券販売期間:2019年10月15日(火)~2020年1月2日(木)

当日券

一般 1,600円、大学生・専門学校生 1,300円、高校生 800円、65歳以上 1,000円

当日券販売期間:2020年1月3日(金)~3月15日(日)

チケットの購入

前売券/当日券のチケットの購入は

ローチケより⇒https://l-tike.com/

チケットぴあhttps://lp.p.pia.jp/

前売券の方が200円も安く購入できるので、行くのが確定であれば前売券を購入した方がお得ですね!

「コートールド美術館展 疑惑の印象派」 愛知展 見どころは?

<コートールド美術館展 疑惑の印象派>の見どころは?

「コートールド美術館展 疑惑の印象派」では、印象派・ポスト派の殿堂である、イギリス・ロンドンのコートールド美術館に所蔵されている名作絵画や彫刻、約60点を紹介。通常は貸し出されることのない名作が、コートールド美術館の改修工事に伴ってこぞって来日する貴重な機会となっている。

マネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホなど巨匠の傑作が集結。展示室に並ぶのは、エドゥアール・マネ、クロード・モネ、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・セザンヌ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、ポール・ゴーガン、エドガー・ドガなど、巨匠たちの代表作。

「コートールド美術館展 魅惑の印象派」では、印象派・ポスト印象派の殿堂である、イギリス・ロンドンのコートールド美術館に所蔵されている名作絵画や彫刻、約60点を紹介。通常は貸し出されることのない名作が、コートールド美術館の改修工事に伴ってこぞって来日する貴重な機会となっている。

マネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホなど巨匠の傑作が集結
展示室に並ぶのは、エドゥアール・マネ、クロード・モネ、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・セザンヌ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、ポール・ゴーガン、エドガー・ドガなど、巨匠たち の代表作。

中でも注目は約20年ぶりに来日する、マネ最晩年の傑作《フォリー=ベルジェ―ルのバー》だ。パリの「ミュージック・ホール「フォリー=ペルジェール」のバーカウンターで物憂げな表情を浮かべるバーメイドの姿を描いたもので、主人公の女性の謎めいた表情や、鏡に映る人物の不思議などが、長きにわたって人々を魅了する名作となっている。

コートールド美術館は、英国随一のセザンヌ・コレクションを有していると言われており、「コートールド美術館展 疑惑の印象派」にも多種多様な絵画が来日。風景画《大きな松のあるサンド=ヴィクトワール山》や、人物画《カード遊びをする人々》、静物画《キューピッドの石膏像のある静物》など10点を目にすることができる。

 

コートールド美術館は、英国随一のセザンヌ・コレクションを有していると言われており、「コートールド美術館展 魅惑の印象派」にも多種多様な絵画が来日。風景画《大きな松のあるサント=ヴィクトワール山》や、人物画《カード遊びをする人々》、静物画《キューピッドの石膏像のある静物》など10点を目にすることができる。 

(出典:FASHION PRESS)

などなど、このほかにも注目すべき作品がたくさんあり、見どころ満載です!

そして、コートールド美術館展の音声ガイドを俳優の三浦春馬さんがされていることも、個人的にかなりの注目ポイントです!
三浦春馬さん、とても素敵で大好きな俳優さんなので…✨

「コートールド美術館展 疑惑の印象派」 愛知展 グッズや口コミは?

「コートールド美術館展」のグッズについて、現在開催されている東京展を参考に、ツイッターでの口コミも共に見てみます!

などなど、グッズがとても充実しているようですね!
とても可愛いグッズが色々あり、あれもこれもいっぱい買ってしまいそうですね✨
展示されている作品はすべてが見どころで、見応えありそうです!

「コートールド美術館展 疑惑の印象派」 愛知展 混雑状況は?

混雑状況ですが、東京展を参考にすると、土日でもそこまで混雑するということはないようですね。
土日は平日よりは混雑するようですが、日曜日でもそれほど混んでいなかったなどの口コミもありますので、タイミングもあるかもしれませんね。
確実にゆっくりじっくり落ち着いて観たい方は、平日に見に行かれる方がより良いでしょうね!

ですが、会期末は大変混雑するようなので、会期中、早めに観に行くことをおススメします!

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

「コートールド美術館展 疑惑の印象派」愛知展の混雑状況や駐車場、チケットやグッズについてまとめてみました!

すべてが見どころでとても見応えのある作品の数々、そしてグッズを見るのも買うのも楽しそうです♬

行く時はお得な前売券を購入してから行きましょう~!

ではここまで読んでいただきありがとうございました❣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です